MENU

付き合って3年経ったら、4年目に向かってするべきこととは?

カップルが長く付き合うと、マンネリに陥るものです。
付き合って3年を過ぎたカップルは特に注意が必要です。
惰性で付き合うようになり、結婚もボヤけてくるようになり、お互いの存在の大切さも忘れてくる様になるのです。
カップルが付き合って3年目に突入した時に気をつけるべき点とはどのようなものでしょうか。

 

1.見た目を気にしよう

 

付き合い始めた頃はオシャレをしていても、お家デートを繰り返していくうちに段々とルーズなファッションになってきているということはありませんか?
女性ならば普段着でもスカートを履いてみると新鮮に映ります。
3年経つと年齢的にも成長していますので、付き合い始めた頃と同じファッションではなく、ひと回り大人のファッションを目指しても良いでしょう。

 

2.4年目の計画を立てる

 

「3年目が終わった節目」と題して、二人で4年目の計画を立てましょう。
急に「同棲する」「両親に挨拶に行く」など結婚に直結するものは彼が協力してくれない可能性があります。
小さなことでも良いので「二人でモデルルーム見学に行く」「お互いのコーディネートを考え合う」「週末は一緒に夕食を作る」など、これから二人で生活をしていく上での基盤になるような内容が良いでしょう。

 

3.二人の思い出アルバムを作る

 

彼と二人で旅行に行った思い出の写真を、そのまま放置してあるということはありませんか。
全てちゃんと印刷して、日付順にキレイにアルバムにしておきましょう。
常に手に取って二人で見返せるようなところに置いておくと、何かの折に思い出話で盛り上がりますよ。

 

終わりに

 

カップル4年目は、彼とより深い信頼を得られるようにしたいものです。
「3年経ったのにまだプロポーズしてくれない」と思わずに、「3年経ったのだから4年目はもっと前進していこう」という気持ちでいましょう。